妊娠線を予防するために

使い方やノウハウなど

ドラッグストアで買える!優秀な妊娠線クリームTOP3

妊娠線とは、皮膚の奥にある真皮や皮下組織の伸びにくい部分が、赤ちゃんが成長するに従って体重が増えることによって伸びる皮膚についていけずに亀裂が生じて赤紫色の線状斑となってしまう状態のことです。時間の経過とともに白くなって目立たなくなりますが、消えることの無い跡になってしまいます。
このような妊娠線を予防するためにおすすめなのが、妊娠線クリームです。妊娠線はホルモンの影響によって肌が乾燥しやすくなるために起こることもあります。そのため妊娠線クリームは、肌の乾燥を防いで皮膚を柔らかく保ち予防することができるようになっているのです。
妊娠線クリームを使いたいけれど、専用のものは値段が高くドラッグストアで簡単に購入できるものを利用したいという場合には、市販のボディークリームやベビーローション、ベビーオイルなどもおすすめです。
ジョンソンボディケアエクストラケアドライスキン、ヴァセリンモイスチャーロッキングローション、ママ&ベビーケアボディーローションなどがドラッグストアで手に入る低刺激で保湿性の高い妊娠線クリームの代わりとして人気の商品になります。
ローションは保湿成分が肌に一番浸透しやすいですが、保湿効果はあまり高くないため、クリームやオイルと一緒に使うことでより効果を高めることができます。高いクリームを少しずつ使うよりも、手頃な値段で多く使えるものの方が効果があるとされているため、手頃な値段で購入できるボディケア用品を使ってしっかり保湿をすることの方がしっかりと妊娠線を予防することができます。

妊娠線クリームは無添加のものをおすすめする理由

妊娠線を予防するために、比較的早い段階から妊娠線クリームを使い始める妊婦さんたちは多くいらっしゃるのですが、妊娠線クリームの中にはあまり良くない成分も含まれている可能性がありますので、無添加の妊娠線クリームを選ぶことが大切になってきます。もし、妊娠している時に使用するのはあまり良くない成分が含まれていたとしても、経皮吸収によってお腹の中の赤ちゃんに悪影響が出ることは滅多にないので、過剰に心配する必要はありません。しかしながら、妊婦さん自身のお肌が敏感になっているので、妊娠中には避けたほうがいい成分が含まれているクリームを使ってしまうと、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるのです。無添加の妊娠線クリームであれば、身体に優しい成分だけで作られているため、安心して使い続けていくことができますし、何らかのトラブルが起きる心配もいらないので、妊婦さんにはやはり無添加の商品が一番良いです。海外の有名なオーガニックコスメブランド等では、妊娠線専用のクリームやオイルを販売しているので、そういった商品をチョイスして使ってみるのも良い方法と言えます。もし妊娠線クリームを選ぶ時に迷ってしまったら、インターネットなどを活用して、評価が高い商品をチェックしていけば、ご自身に合ったクリームを見つけやすくなります。実際に使用したことのある人たちの口コミはとても参考になりますから、是非チェックしてみてください。

知っておきたい!市販の妊娠線クリームの5つの特徴

市販の妊娠線クリームを購入する場合には、しっかりと特徴を把握しておくことが大切です。まず一つめの特徴ですが、保湿力です。妊娠線クリームは、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分にくわえて、シラノール誘導体が配合されているものが多くあります。シラノール誘導体は肌の内部から保湿をしてくれるものです。肌の水分も保ってくれるので、弾力のある肌になります。二つ目の特徴ですが、成分です。水溶性ビタミンC誘導体が成分として含まれているものが多くあるのですが、水溶性ビタミンC誘導体は、短時間で肌に吸収されるので、即効性が高いといわれているのです。三つ目の特徴ですが、肌でのこだわりがしっかりとされていることです。妊娠中や産後は、普段と違ってホルモンのバランスが崩れやすいので、乾燥や肌のくすみなどの肌トラブルが起こりやすいのです。このトラブルを改善してくれるのが、皮膚の細胞の再生を促してくれる“EGF”や、美白効果のある“プラセンタ” なのです。多くの妊娠線クリームには、このような成分が含まれているので安心です。四つ目の特徴ですが、とても使いやすいという点です。マッサージ不要のものが多くあるので、忙しい方でも無理なく続けることができるのです。そして、五つ目の特徴ですが、香りがついているものが多くあるという点です。フローラルの香りがするものもあって、癒やされるのです。疲れている体も、いい香りに包まれて、ストレスも吹っ飛んでしまうのです。